毎年訪れる「節分」は金運アップにもつながる行事だった!

毎年訪れる「節分」は金運アップにもつながる行事だった!
貯金・家計

毎年2月3日は節分(2021年は2月2日)。お子さんがいる家庭では、とても盛り上がるイベントのひとつではないでしょうか。
しかし実は、節分は鬼を払うだけでなく、金運アップにつながる行事でもありました。
そんな節分について詳しく知っていきましょう。

豆まきの由来

そもそも節分とは、季節の変わり目を表しており、昔は4回ありました。しかし時代が進んでいくにつれて冬から春へになる立春の前日である今の節分だけが残り、受け継がれているといわれています。

また、豆をまく風習は室町時代ごろから始まっており、「魔(鬼)の目」が短くなった「まめ」、「魔(鬼)を滅する」からなる「まめ」に通じ、豆をまくようになったという説があります。他にもたくさんの説があるので、気になった方は調べてみてください。

豆まきの次に欠かせない恵方巻

また節分といえば、恵方巻。最近ではコンビニでも購入することができたり、スイーツ恵方巻も登場していますね。
恵方巻は、その年の吉方の方を向きながら恵方巻1本を無言で最後まで食べきることができれば、願い事が叶うといわれています。

子どものころ毎年やっていた方も多いのではないでしょうか。ちなみに2021年の吉方は、「南南東」です。少し難しいですが、方位磁針やアプリなどで調べて食べてみてください。

節分が金運アップにもつながる?

また、あまり知られていませんが、節分は金運に関係しているともいわれています。
財産を貯めたいのであれば、鬼門の方角をきれいにすること。そして金運アップのためには、豆を入れた升を神棚(なければ頭よりも上の場所)において置き、節分後にその升に時計やアクセサリーなどをいれて、鬼門においておくことが重要だといわれています。今年の節分にはぜひ実践してみてください。

いかがでしたか

節分は子どものころ豆をまいて楽しむ日、という思い出になりがちですが、大人になってからも金運アップにつながるなど嬉しい日でしたね。日本の季節の行事はどれも由来や願いが面白いと感じます。
今年の節分は大人も子どもも思い切り楽しんでください。

記事更新:2021年2月2日

サイトウ サオリ

2018年から社会人に。 学生時代からライターとしてインターンをしており、マネーケアなどについて学んできた。 若い人からの目線で、投資やお金について見ていく...

プロフィール