おすすめの海外FX業者を紹介!海外FXのメリットと注意点も徹底解説!

FX

海外FXという言葉を聞いたことはありますか?海外FXは、気軽に始められる投資として注目を集めています。
投資には「むずかしい」というイメージがあるかもしれません。興味はあるが情報が少なく始められない、という人もいるでしょう。

しかし、いまは超低金利時代です。そんな時代に銀行預金を増やしてもタンス貯金と変わらず、お金は増えません。将来のライフイベントに備えて効率的に資産形成するために、投資を始めるべきでしょう。

投資法の1つとして、海外FX(海外FX業者)をおすすめします。投資法に迷っている、海外FXに興味はあるが内容がわからないといった女性に向けて、この記事では海外FXの仕組みを徹底解説し、役立つ情報をご紹介します。

海外FXって何?

まず、海外FXの基礎知識であるFXと為替レートの関係や、FX口座の種類を解説します。

FXや外国為替取引の意味って?

まず、「外国為替取引」という言葉を理解しましょう。円を外国の通貨に両替する取引を外国為替取引と言います。両替というより、「円でドルを買う」とイメージするとわかりやすいでしょう。

では、FXとはどんな意味でしょうか?FXは「Foreign Exchange」の略で、外国為替証拠金取引のことです。証拠金を差し入れて、日本円と米ドルなど、2つの国の通貨の為替相場(為替レート)を予測して売買する投資がFXです。

1ドル100円、1ドル110円など、外国通貨と日本円の交換比率を「為替相場(為替レート)」と言い、この日本円と外貨の交換を証拠金で行うのがFX(外国為替証拠金取引)です。

ドルの為替レートが1ドル100円なら、10,000ドル買うには1,000,000円の資金が必要です。FXでは、証拠金を預けることにより、実際に1,000,000円支払わなくても、10,000ドル分の取引が可能になります。

FXで稼げる仕組み

たとえば、100円で1ドル買ったとしましょう。その後、円とドルの為替レートが110円になった時点でドルを円に交換したら、いくら利益が出るでしょうか?手数料などの費用は考慮せず、計算してみましょう。円安になったおかげで10円もうかります。

このように、円と外国通貨の為替レートの変動によりもうけることができます。しかし、逆だったらどうでしょうか?100円で1ドル買ったのに、為替レートが1ドル90円になったときにドルを円に交換すると、10円の損が出ます。

また、FXの場合、為替取引で出た損益の決済だけが行われます。そのため、総取引額の現金の受け渡しは不要となります。

FXの業者には海外と国内がある?

ここまでFXの意味、FXで利益を出す仕組みについて解説しました。では、海外FXと国内FXの違いは何でしょうか?簡単に言えば、FX業者が海外の企業か、日本にある企業かということですが、具体的な違いについては次の項で述べています。
また、一般の金融機関の口座ではFX取引はできないので、FX業者の口座を開設しなければなりません。
口座開設は店頭に出向く必要はなく、たいていはFX業者のホームページから申し込みができます。申し込みフォームに必要事項を入力し、マイナンバーカードなどの本人確認書類をアップロードもしくはFAX、郵送することで申し込みは完了します。海外の業者であっても流れはあまり変わりませんが、入手して3カ月以内の住所確認書類が必要となります。

海外FXを始めるメリットは?

FXには海外FXと国内FXがあることがわかりました。次に、海外FXのメリットをご紹介します。

レバレッジが高い

投資を始めるには大きな資金を用意しなければならないというイメージがあるかもしれません。しかし、海外FXは「レバレッジ効果」が高いので、国内FXよりも、少ない資金で投資を始められます。
レバレッジとは、預けた証拠金の何十倍もの資金を動かして取引する方法です。国内レバレッジには投資家保護などの目的により最大25倍の規制がありますが、海外FXでは数百倍、中には千倍を超えるハイレバレッジが可能な企業もあります。たとえば、レバレッジが20倍なら、50,000円の証拠金で1,000,000円の取引しかできませんが、レバレッジが200倍なら10,000,000円の取引ができるので、資金が少ない人にとってはうれしい仕組みでしょう。
ハイレバレッジで人気のある海外FX業者には、最大888倍のレバレッジを設定しているXM、最大500倍のLand-FX、400倍のAxioryなどがあります。なお、レバレッジの倍数だけで業者を決定するとリスクがあるということを前提としてください。

ゼロカットシステムを採用している

少額の資金で投資を始めたい人にとって、レバレッジが高いFXは魅力ですが、リスクも大きいのではないかと心配になるでしょう。その点、海外FXはゼロカットシステムを採用しているので安心です。

ゼロカットシステムとは、口座残高を超える損失が発生した場合に、FX業者がマイナス分を負担するシステムです。たとえば証拠金が200,000円、損失が220,000円のケースでは、20,000円の損は業者が負担してくれます。

国内FX業者はゼロカットシステムを採用していないので、証拠金の額を超えて損が出た場合、「追証(おいしょう)」が発生します。追証とは追加証拠金の略で、取引により出た損失に証拠金を充てた結果、一定額を超えて証拠金が減った場合、FX業者から追加証拠金を求められてしまいます。

期限内に追証できないと、強制的にポジション(通貨を保有している状態)が決済されてしまいます。つまり、強制的に通貨を売却(決済)され、その後の取引はできません。追証するために借金するなどのリスクもあります。

取引方法がNDD方式の業者が多い

FXには、NDD(ノーディーリングデスク)方式とDD(ディーリングデスク)方式の2種類の取引方法があります。海外FX業者の多くが採用しているNDD方式は、為替ディーラーに介入されず、投資家自身で取引するシステムです。これに対して、DD方式とは、為替ディーラーが取引する方式で、投資家は直に取引しません。

海外FXでは、為替ディーラーが介入しないので、透明性のある取引を自分の責任で行えます。国内FX業者の多くが採用するDD方式では、投資家の注文を取引市場に取り次ぐかどうかは、為替ディーラーが判断します。他人の判断が介入する不透明な方式で損が出たら、投資家は不信感を抱くかもしれません。この点、NDD方式なら、投資の結果は自己責任なので納得できるでしょう。

NEXT:「ちょっと待って!海外FXを始める際の注意点は?」

続きを読む
1 / 2

C・M

ライター歴4年、フリーランスのWEBライター。 恋愛テクニックやノウハウ、さらにデートスポット、飲食店等の店舗紹介をします。

プロフィール

監修者: 北野 小百合

株式会社インヴァランス 1992年生まれ。法政大学文学部卒業。2015年に株式会社インヴァランスに入社。入社一年目、23歳のときにマンション投資を始める。 ...

プロフィール

ABOUT

マネリーは「マネー・投資に興味ある女の子のための情報メディア」をコンセプトに「働く女性に、未来への投資を提案・サポートする」というミッションのもと、貯金、投資、セミナーなどオトナ女子になるため情報メディアです。

最新記事