世界のお金を日本円にしてみたら 一番暮らしやすい国はどこ?

貯金・家計

海外旅行は滅多にしない筆者ですが、今年のゴールデンウィークは長期であったこともあり、東南アジアを旅しました。海外旅行をすれば自ずと知らされるのがその国の「物価」です。「日本円にしたら○○円…」と目に留まるモノを換算していると、世界の物価事情が気になりだしました。

今回は世界のお金を日本円に換算して、どの国が暮らしやすいのか、読者の皆さんと考えてみたいと思います。

お金の価値をあらわす「ビッグマック指数」

世界各国で販売されているマクドナルドのビッグマック、この「世界共通の商品」の対価として決められた各国の価格は、必ずしも「同一価値」ではないのです。
本国アメリカのUSドルに換算した場合、本来であれば世界共通レシピのビッグマックは、各国通貨で同一の価値で価格が決定されるべきなのですが、実際には本国のビッグマックより、高い国もあれば安い国もあります。

アメリカと中国を例にしてみてみましょう。USドルと中国元、2国間の為替レートが1:6.4であるときに、ビッグマックの販売価格差が1:4であれば、中国では約38%、割安で販売されていることになります。

出典:The Economist – The Big Mac index

前記の現象はあらゆるモノやサービスにおいて存在しています。ビッグマック指数は「マクドナルドのビッグマック」をターゲットにして、指数化しているもので、メジャーな指数のうちの一つとして認識されています。

次の図は、2019年1月に発表されたビッグマック指数です。


出典:The Economist – The Big Mac index

日本は上位から23番目、本国アメリカと比べて37.5%も「割安」な価格設定である事がわかりますね。14.0%割高なのがスイス、さすが物価が世界一高い国として有名なだけあります。図には掲載しきれませんでしたが、最も割安なのはロシアで、本国と比べて64.5%も割安でした。(2019年7月10日現在)

NEXT:「日本円1,000円で買えるもの 各国比較」

続きを読む
1 / 2

佐々木 愛子

ファイナンシャルプランナー(AFP)、証券外務員Ⅰ種 国内外の保険会社で8年以上営業、証券IFAを経験後、リーマンショック後の超低金利時代、リテール営業を中...

プロフィール

ABOUT

マネリーは「マネー・投資に興味ある女の子のための情報メディア」をコンセプトに「働く女性に、未来への投資を提案・サポートする」というミッションのもと、貯金、投資、セミナーなどオトナ女子になるため情報メディアです。

最新記事