著名投資家のマイク・ノボグラッツ氏、2019年第1四半期にBTCが上昇開始と予想

ニュース

ビットコイン強気派のマイク・ノボグラッツ氏が、ビットコインは今後大きく成長すると発言しました。ノボグラッツ氏は仮想通貨投資会社のGalaxyでCEOを務め、自身も仮想通貨に巨額の投資を行っています。

ノボグラッツ氏はCNNMoneyの「Markets Now」に出演し、「MicrosoftやStarbucksといった大手企業がビットコインを受け付け始めているので、より多くの企業が我先にと投資を始めるでしょう」と語りました。

ノボグラッツ氏は2018年9月下旬に、6,800ドル、8800ドル、10,000ドル(10月執筆時点でそれぞれ77万円、100万円、110万円相当。以下円換算はすべて10月時点のレートで概算)の抵抗帯を抜ければ、ビットコインは2018年末までに3割上昇すると語っています。なお、同氏はこうした抵抗帯を抜けるタイミングで、機関投資家が市場参入すると考えています。

機関投資家の市場参入には、仮想通貨のカストディアン (委託管理・保管業務を行う企業) が必要です。米大手銀行のCitigroupとMorgan Stanleyは、仮想通貨のカストディアン・サービスを開始する計画を2018年8月に発表しており、仮想通貨取引所のCoinbaseとBitgoも、カストディアン・サービスの認可を取得しています。

こうした大企業での採用や機関投資家の参入により、ビットコインは大きく成長するとの予想です。

ノボグラッツ氏は、「ビットコインはやがて金融資産の1つとなり、多くの人々がビットコインは金のような価値保存手段だと考えるようになるでしょう」と語っています。

なお、ビットコインは2018年に20,000ドル(230万円)付近まで急騰しましたが、現在はその3分の1近い価格になっています。

ノボグラッツ氏は、ビットコインは2018年9月上旬に底を打ったと考えています。仮想通貨全体の時価総額が1,860億ドル(21兆2,000億円)になったあたりが底だとのことです。

上昇の時期について、ノボグラッツ氏は、2019年第1四半期にその機運が生じると予想しています。

ワザモノ編集部

プロフィール