ほったらかし投資は10万円からでも可能?おすすめの投資方法をご紹介

マネーケア

投資になんとなく興味はあるものの、「資金がない」「時間がない」「失敗しそうで怖い」など、始める前には様々な壁があるものです。そんな場合にまず検討しておきたいのは、「ほったらかし」でも気軽に運用を始められる投資方法です。
今回の記事では、時間や資金がないと悩む人に向けて、「ほったらかしで投資ができる」「資金10万円から始められる」といったハードルの低い条件からでも始められる投資について紹介します。

ほったらかし投資とは?10万円程度でも始められる

「投資を始めたいけど難しい知識をつけるのは大変そう」「資産を大幅に失うようなリスクは避けたい」といったことは投資を始める上で誰でも感じるものです。
そんなとき、「ほったらかし」の状態で、「10万円からでも始められる投資」があれば、初心者としては気軽にチャレンジしやすいでしょう。

ここでは、ほったらかし投資の特徴や手軽に始められる投資のメリット・デメリットについて見ていきましょう。

簡単でお手軽のほったらかし投資とは?

最近は積立投資など、資金のやりくりを委託できる投資のスタイルが増えてきています。
特に「ほったらかし投資」には以下のような魅力があり、その手軽さに惹かれて実際にほったらかし投資を始める人がたくさんいます。

・いつも通り単純に預金をしているより資産を増やせる
・手続きさえ済ませばあとは待つだけで投資可能

ほったらかし投資は、投資に興味があるけれど専門知識があまりない方や、長期的な投資を考えている方におすすめの投資方法と言えるでしょう。

ほったらかし投資にデメリットはある?

ほったらかし投資は、ほかの投資方法に比べてリスクが少ないという特徴がありますが、高いリターンを期待することができません。基本的には少額投資向けのため、じっくり増やしていったところで実際増える額は小額であることが多いです。

また、ほったらかし投資には元本保証がないケースも多いため注意が必要です。元本保証がないということは、「失敗した場合、投資したお金は戻ってこない」と言い換えることができます。元本保証のないほったらかし投資をする場合は、基本的に少額での投資を選択するとよいでしょう。

無理なく始められる10万円投資

いきなり資産が大幅に増えるわけではありませんが、長い目で見れば、10万円という少額でも着実に資産を増やしていくことは可能です。少額だからこそリスクが少ないのは大きなメリットになるでしょう。

無理なく気軽に投資を始めたいのなら、10万円からでも始められる投資方法で、自分に合ったものをチェックしていくことをおすすめします。

続きを読む
1 / 2

C・M

ライター歴4年、フリーランスのWEBライター。 恋愛テクニックやノウハウ、さらにデートスポット、飲食店等の店舗紹介をします。

プロフィール

監修者: 北野 小百合

株式会社インヴァランス 1992年生まれ。法政大学文学部卒業。2015年に株式会社インヴァランスに入社。入社一年目、23歳のときにマンション投資を始める。 ...

プロフィール