【2020年】トクする! マイナンバーとスマホで確定申告する方法

税金

新年を迎えると、自営業者や個人事業主などは確定申告の準備を始める人が増えます。
最近では、会社員の人でも副業や不動産投資などをして、確定申告が必要な人も増えているようです。
その確定申告ですが、スマホとマイナンバーカードでできる範囲が2020年から拡大されます。そこで今回は、スマホを使ってスマートに確定申告する方法をお伝えします。

マイナンバーとスマホで確定申告するとトクするポイント

今までもパソコンを使って国税庁のホームページや、Androidのスマホからe-Taxで確定申告することができました。
それが、2020年1月31日からiPhoneも対応できるようになり、スマホとマイナンバーカードを使ってスマホ専用画面から確定申告できるようになりました。
残念ながらタブレットはこのサービスに対応していませんので注意してください。

マイナンバーカード方式利用開始予定

さらにもうひとつ注意しなくてはならないのは、マイナンバーの通知書ではなく、マイナンバーカードを持っていなくてはならないことです。
まだ持っていない人はマイナンバーカードを作成することがら始めなくてはなりません。マイナンバーカードの作成には1カ月程度かかることもあるので、早めに手続きをしておくと良いでしょう。

スマホの専用画面から確定申告できるのは、会社員などの給与所得や副業などの雑所得、公的年金所得や一時所得などに拡大されましたが、事業所得は含ませません。
それ以外の所得の場合は、パソコンと同様の画面になりますがスマホでも確定申告できます。

スマホ専用画面の利用対象者


国税庁HPより筆者作成

スマホを使ってe-Taxで確定申告をすると、税務署に行かなくても自宅からネットで提出することができる他、源泉徴収票や、生命保険の控除証明書、マイナンバーカードの写しなど提出の必要もありません。さらに嬉しいのは、1月2月に申告して所得税の還付がある場合2週間から3週間と比較的短期間で還付金が振り込まれることです。

スマホで確定申告をするためには、事前準備が不可欠です。必要な準備がどのようなものか確認しましょう。

NEXT:「スマホで確定申告をするための事前準備」

続きを読む
1 / 3

黒須 かおり

ファイナンシャルプランナー CFP® 女性を中心に、一生涯を見守るFPとしてmoney&キャリアのコンサルティングを行う。幸せになるためのお金の知識...

プロフィール