美味しいスープでお手軽ダイエット!飽きずに続けられるおすすめレシピ

趣味・美容

ダイエット向けのスープのポイントは、具沢山で食べ応えがあることや、アレンジで味を変えられること。
今回は、「ダイエットのためにスープを作っても、すぐに飽きてしまって続かない…」そんな人におすすめのスープレシピを、味のジャンル別にご紹介します。アレンジ例も一緒に見ていきましょう。

【和風】食感が楽しいたっぷり根菜スープ

大根やニンジン、レンコン、ゴボウなどの根菜類は、食感を楽しめるところが魅力です。根菜には食物繊維が豊富に含まれているので、便通の改善効果も期待できるでしょう。

作り方のポイントは、具材の大きさをそろえること。見栄えがよくなるのはもちろん、食べやすさもアップします。

味をととのえるときは、調味料を加える前に味見をしてみましょう。野菜のうまみとだしのバランスを確認してから調味料を足すことで、味が濃くなるのを防げます。

<材料 4人分>

水 1リットル
好みの根菜(大根、ニンジン、レンコンなど)
好みの野菜(玉ねぎ、シイタケなど)
昆布だしの素 8グラム
酒、塩、しょうゆ 少々

<作り方>

1.野菜類を食べやすい大きさにカットしたら、根菜から茹でていきます。沸騰したら出てきたアクを取り、そのほかの野菜を加えましょう。

2.昆布だしを加えて根菜がやわらかくなるまで煮ます。だしの量は好みに合わせて調節してください。野菜類がしっかりやわらかくなったら、酒、塩、しょうゆで味をととのえて完成です。
参考:クックパッド

【アレンジ】豆乳を加えてまろやかスープに

和風ベースの根菜スープは、豆乳を加えるとまろやかな味わいに変化します。先ほどのレシピを参考に、水と豆乳を半々の割合で合計1リットルになるように調整しましょう。豆乳は沸騰させると分離するので、味をととのえる段階で加えてなるべく沸かさないようにするのがポイントです。

牛乳を使ってミルクスープにするのもアリですが、和風ベースなら豆乳を使うのがおすすめ。好みで生姜を加えると、体がほっこりあたたまるスープになりますよ。

NEXT:「【中華風】ボリュームたっぷり鶏団子スープ」

続きを読む
1 / 3

メロンサイダー

1児の女の子を子育てしながらライター業務に励む日々。 ライフスタイルや美容関連の情報集めが趣味♪好きな食べ物はメロンで、甘いものも野菜っぽい味のものも好き。

プロフィール