FIRE達成するには?どんな投資商品を組み合わせるのが効率的か

マネーケア

FIREというと「火」を連想する方がほとんどだと思いますが、最近世界中で話題になっているFIREはもちろん火ではなく「Financial Independence, Retire Early」という言葉から作られた造語。「経済的自立と早期リタイア」といった意味があります。
今回は、注目のFIREを達成するための考え方と、FIREを目指すのに効率的な3つの投資商品の組み合わせについて紹介します。

そもそもFIREってなに?

FIREは、投資をすることで経済的自立を果たし、早期リタイアを実現することをいいます。

FIREの「経済的自立」が目指しているのは、決して億万長者になることではありません。億万長者を目指したところで、なれる人はごくわずかです。
そうではなくて、FIREでは、資産をできるだけ投資に回して、投資で得られた収入で生活することで、経済的自立を果たすことを目指します。これであれば、億万長者にならなくても、比較的少ない金額で達成可能。

つまり、「一般人でも経済的自立と早期リタイアを実現できる」というのです。

FIREを目指す人は、まず早期リタイアした後にどのくらいの生活費がかかるのか、年間の生活費を計算します。
次に、その年間の生活費を、年間の資産運用収入でまかなうことのできる「FIRE」資産の総額を計算します。
「FIRE」資産の総額がわかったら、その資産を貯めるために毎月投資をしていきます。また、支出削減にも取り組んで、毎月の積立金額を増やしていきます。

年間の生活費を投資(不労所得・資産運用の収入)だけでまかなうことができれば、計算上、資産を減らさなくても生活ができます。こうなれば、FIRE達成です。仮に仕事を早期リタイアしても、生活には困らなくなります。

「早期リタイア」というと、何となく「できるだけ仕事したくない…」という、ネガティブなイメージがあるかもしれません。
しかし、FIREの目的はそうしたことではなく、自分の時間を好きなことに使い自分らしく生きたいという、ポジティブなものです。
米国の若者を中心に「FIREムーブメント」と呼ばれるほどに注目され、それが日本を含む世界中で話題になっているというわけです。

FIREの必要資産額は「年間支出の25倍」

FIREするために必要な資産は「年間支出の25倍」といわれています。
もし年間支出が250万円だとするなら6250万円です。もちろん、この資産をそのまま使ってしまえば、25年で底をついてしまうことになります。
ですが、FIREでは、この資産を投資に回すことで、元本を減らすことなく生活することを目指すのです。

「年間支出の25倍」の根拠は、FIREを目指す人が守る「4%ルール」からきています。
これは、資産を年4%増やし、年4%ずつ取り崩せば、資産は目減りしないという、米国のトリニティ大学の論文「Retirement Savings: Choosing a Withdrawal Rate That Is Sustainable(=リタイア後の貯蓄:持続可能な引き出し率の選択)」をもとにして生まれたルールです。
4%の根拠は米国株式市場が年7%で成長、インフレ率は年3%で推移しているので、毎年実質4%で資産が成長しているというものから来ています。詳しくは論文でご確認ください。

これを言い換えると、FIREするために必要な資産は「投資元本(100%)÷年間支出(4%)」。年間支出の25倍の資産を用意すれば、FIREが実現できる計算です。
仮に6250万円の資産を投資に回し、年4%増やすことができれば、6250万円×4%=250万円となります。年間支出を投資だけで補い、資産を減らさずに生活することができる、というわけです。

続きを読む
1 / 2

頼藤 太希

(株)Money&You代表取締役/マネーコンサルタント 中央大学客員講師。慶應義塾大学経済学部卒業後、外資系生命保険会社にて資産運用リスク管理業務に従事。...

プロフィール