投資初心者にちょうど良い? 30代女性が始めたつみたてNISA

マネーケア

今日、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けて社会経済、ひいては私たちの生活様式が大きく様変わりしつつあります。そんな中、将来への不安から、特にミレニアル世代と呼ばれる若い人たちの投資への関心が高まっているようです。

今回は、筆者の知人でもあり個人投資家でもあるYさんにインタビュー!投資を始めた経緯やYさんがしている投資の特徴、メリット・デメリットなどを詳しく聞いてみました。

▼プロフィール
Yさん 30歳 女性
4年制大学卒業
都内にある大手の食品メーカーに新卒で入社し、今年で入社9年目に突入

30歳になったのを機に人生初めての投資にチャレンジ!

投資を始めたきっかけって?

私は現在、都内にある食品メーカーに勤めています。投資の知識がない私が関心を持ち始めたのは、数十年後にはお金の価値が下がるかもしれないというネットニュースを見たことがきっかけでした。また30歳になり、結婚や出産など自分の将来について具体的に考えるようになったのも、資産運用を始めた理由のひとつです。

銀行に預けるという安心感や手軽さから、銀行預金をする人は多いと思います。そもそも元本割れのリスクがある投資など、最初から選択肢に入っていないという人も居るかもしれません。

しかし銀行預金は、日本円の価格変動が大きく影響します。現金をそのまま銀行の口座に預けているだけでは、利息がほとんど付かないうえに、将来予想される物価上昇の影響を受け、お金の価値が下がる可能性も十分に考えられます。つまり、今1,000円出せば手に入るものが、将来も1,000円で変える保証はないということです。

さらに現在、新型コロナウイルスの影響を受け、日本経済はさらなる長期低迷の一途をたどっています。人生100年時代と言われる今、安定した老後資産を形成するには自助努力が必要不可欠だと感じています。

なぜ投資信託を選んだの?

お金の価値が下がるかもしれない将来、少しでもお金を増やそうと思うなら収入を上げるしかありませんが、収入はそう簡単に上げられるものではありません。そこで思いついたのが資産運用、つまり投資だったのです。

投資を始めようと思った私が最初にしたことは、自分に合った金融商品選びです。日中はもちろん仕事をしているので、常に値動きを見る必要のあるものは難しいと感じました。また、新卒で入社した今の会社ですが、給与水準が高いわけではないため、あまり多くの金額を投資には回せません。できれば資金は、月3万円以内に抑えたいと思っていました。

ハイリスク・ハイリターンの商品ではなく、初心者でも始めやすいものを基準に選別し、最終的にたどりついたのが投資信託でした。

投資信託ってなに?

投資信託とは、複数の投資家より集めた資金を、運用のプロが株式や債券などに運用、あるいは投資する商品のこと。集めたお金をどのように運用するかは商品によって異なります。

投資信託のメリットとして、複数の資産や国、地域に投資できる点が挙げられます。いわゆる分散投資と呼ばれるものです。分散投資をすることで、一度に資産を失うといったリスクが軽減されます。プロが行う投資信託は運用の手間が省けるので、ふだん仕事で忙しい人にもおすすめできます。

つみたてNISAを始めてみた!

NISA制度を利用して投資信託を始めた理由は?

投資についていろいろなウェブサイトを見ていたところ、初心者でも気兼ねなく始められそうだと感じたのがNISAでした。

2014年に開始したNISA制度は、日本国内に住む20歳以上の人であれば誰でも始めることができます。NISAを利用すれば、毎年120万円を上限として、投資で得た利益は最長5年間非課税になるという点が大きなメリットだと思います。

つみたてNISAとは?

つみたてNISAとは2018年からスタートした制度であり、積立投資専用のNISAを指します。非課税の期間が5年間のNISAと比べて20年と長いため、中長期的に運用したいと考えている人に向いていると思います。

つみたてNISAの場合、年間投資上限額は40万円ですが、あまり高い金額を投資に回す予定はなかったので、私は特に気になりませんでした。

他にも、つみたてNISAの特徴として、取り扱われている商品は金融庁が厳選したものに限定されているという点があります。なるべくリスクを避けたい投資初心者にとっては選びやすく、安心感がありますよね。

つみたてNISAで扱われている商品の多くは、販売手数料がかからず信託報酬の水準も低めに設定されています。手数料にお金を払わなくて良いので、投資初心者にも始めやすいのではないかと思います。

NISA口座の開設はどこが良い?

NISA口座を開設するにあたって、多くの人が大手銀行を始めとした対面型の金融機関の利用を検討されると思います。私も当初は、なじみのある銀行での口座開設を考えていたのですが、取扱商品の種類の少なさには驚きました。また、つみたてNISAの口座開設だけでなく、窓口で他の金融商品の説明を受けることになってしまったこともデメリットに感じました。

私がおすすめしたいのは、ネット証券を利用した口座の開設です。ネット証券であれば、ネット上で手軽に金融商品を購入できるうえに、商品の種類も豊富にそろっているので、自分好みのものを選ぶことができます。利用する銀行が決まっている人以外は、ネット証券をおすすめします。

続きを読む
1 / 2

assan

グラフィックデザイナーから福祉職に転向した、異色の経歴を持つライター。 私生活では、わんぱく2歳男児の子育てに日々奮闘しています。

プロフィール

監修者: 千見寺 拓実

株式会社インヴァランス 1994年生まれ。静岡大学卒業。2017年に株式会社インヴァランスに入社。 3級ファイナンシャルプランニング技能士

プロフィール