トレンドがわかれば株取引も怖くない!売買のタイミングとは

マネーケア


 
福沢「前回はチャートの見方を説明したよね。今回はチャートをもっと詳しく見て、トレンドについて解説していくよ。」

夏目「トレンド?どの株が流行っているか、わかるようになるということですか?」

福沢「イメージとしては、そうだね。トレンドを理解すれば、『この株はもう高値圏かな』『もっと上がりそう』といったことがわかるようになるよ!」

トレンドと出来高を知ろう

福沢「トレンドは、チャートから読み取っていくよ。読み方がわかれば『このくらいまで下がれば反発するかな』『これ以上は上がらないかな』といった見当がつくようになるんだ。」

夏目「前回、株のトレンドは『上昇』『下降』『横ばい』の3種類があると教わりました!」

福沢「そうだね。基本のトレンドは、その3種類だよ。」

株のトレンド
SBI証券より筆者作成

1 上昇トレンド

福沢「①のように、上昇トレンドは移動平均線とローソク足が上昇しているチャートだったよね。」

夏目「順張りなら、買いサインでしたよね。」

2 下降トレンド

福沢「②の下降トレンドは、移動平均線もローソク足も下降しているチャートだよ。」

夏目「逆張りなら買いですが、順張りなら売りですね。」

3 レンジ相場

福沢「③のように、株価が横ばいになっているチャート。横ばいのことを『レンジ相場』と言ったりするよ。」

夏目「レンジ相場の時は、どうするんですか?」

福沢「順張りでも逆張りでも、レンジ相場なら基本的には様子見だよ。もちろん、レンジ相場でも安値で買って高値で売れれば、利益を出すことはできるよ。」

4 底値圏の目安

福沢「今、説明したこと以外にも、チャートから読み取れる情報はあるんだ。例えば、底値圏の目安。チャートを見て、同じくらいの位置で株価が反発していたら、それが底値圏の目安だよ。」

夏目「なるほど!確かに同じくらいの株価まで下がった後、戻っています。」

高値底値の目安
SBI証券より筆者作成

福沢「同じように、高値圏の目安もわかるよ。チャートの数字や移動平均線、価格別売買高を見て『どのくらいで買って、どのくらいで売ろうかな』とイメージしてから取引するようにしてね。」

トレンドには種類とサインがあると知ろう

福沢「この他にも有名なトレンドサインがあるから、解説していくね。」

夏目「どんなサインがあるんでしょうか?」

1 ダブルボトム

上昇トレンド「ダブルボトム」
図:筆者作成

福沢「レンジ相場から抜け出してネックラインを突破すると、上昇トレンドのサインだよ。」

夏目「先輩!ネックラインはどこを見たら良いですか?」

福沢「ネックラインは『直近の高値』って覚えておくといいかな。そこまで一度は上がったのに押し戻された。2度目にその壁を越えられるかどうかが、株価上昇の目安になるんだ。押し戻されちゃうと波型、突破できれば『W』の形になれるよ。」

夏目「本当だ!『W』みたいな形ですね。2回下がった後で上昇に転換した、ということでしょうか。」

福沢「そうだね。株価の底を示すテクニカル分析のサインの一つだよ。実際のチャートで見ると、こんな感じ。」

ダブルボトムのチャート
SBI証券より

夏目「なるほど!確かに2回下がった後、上がってますね。『W』の形になってます!」

2 ダブルトップ

下降トレンド「ダブルトップ」
図:筆者作成

福沢「ダブルトップは、ダブルボトムの逆。高値を2回つけて、ネックラインを下に抜けたら下降のサインだよ。この時のネックラインは『直近の安値』で判断するといいよ。」

夏目「これは『M』みたいな形ですね。2回高値をつけた後、下降に転じたということですね。」

福沢「そのとおり。ダブルトップの場合、下げに転じた後は上昇した時と同じくらいの値幅分下がると言われているよ。」

3 三角持ち合い

三角持ち合い
図:筆者作成

福沢「株価が小さい値幅の中で動いている状態を『持ち合い』と言うんだ。上下の振れ幅が少しずつ小さくなった後、上に抜けると上昇トレンドになるし、下に抜けると下降トレンドになるんだ。」

夏目「三角形の向きは関係あるんですか?」

福沢「三角形が上を向いている場合は、下値が切り上がっているので上昇トレンドに入りやすいね。下を向いている場合は、上値が切り下がっているので下降トレンドになりやすいよ。」

4 窓開け・窓埋め

窓空・窓埋
SBI証券より筆者作成

福沢「株価が急騰もしくは急落して、チャートにすき間ができることがあるんだけど、これが『窓開け』だよ。」

夏目「ということは、開いた窓を埋めるような動きが『窓埋め』でしょうか?」

福沢「正解!窓を埋める早さは、銘柄によってまちまちだね。窓が開いたと思ったら、次の日にすぐに埋まることもあれば、数日かかることもあるよ。」

5 大天井と三空叩き込み

三空叩き込み
SBI証券より筆者作成

福沢「『窓』のことを『空』っていう時もあるんだ。窓を開けて3日連続で株価が急騰するのが『大天井』。窓を開けて3日連続で下落するのが『三空叩き込み』で、買いのチャンスと言われているよ。」

夏目「本当だ!窓を開けて連続で下がった後で底値をつけて、上昇してます!」

福沢「ただ、会社の上場自体が怪しまれて叩き売られている時もあるから、くれぐれも会社情報には注意してね。」

夏目「了解です!」

続きを読む
1 / 3

成瀬なぎさ

証券会社で営業を経験。 退職後、投資の正しい知識を広めるためにライターの道へ。 金融関連の記事のライティングをメインで行なっている。 フィナンシャルプランナ...

プロフィール