利用できるのは30歳まで!ワーホリに挑戦しませんか?

趣味・美容

年々利用者が増えているワーキングホリデー、通称ワーホリ。昨年では15000人以上もの人が利用しています。(参考:外務省 ビザ(査証)発給統計)
耳にしたことがある方もいるかもしれませんが、詳しいことについてご存知ですか?
ワーキングとは、留学とも旅行とも違う、海外で英語を学びながら自分の力でお金を稼ぐことができる特別な制度。今回はそんなワーキングホリデーについてご紹介します。

ワーキングホリデーとは

ワーキングホリデーとは1〜2年ほどの長期滞在中に就学、就労、旅行など、生活することが許された「ワーキングホリデービザ」を使用していく海外滞在のこと。18〜30歳の日本の国民であれば、日本とワーキングホリデー協定を結んだ外国に滞在することができます。
オーストラリアやニュージーランドを除くほとんどの国では、留学時に働くことが許されていません。しかしワーキングホリデービザを取得した時のみだけ、滞在しながら働くことができるのです。
それだけでなく滞在するためのお金を稼ぐだけでなく、仕事を通してその国の文化に馴染むことができるというポイントもあります。

メリット・デメリット

メリットとしては社会経験が増えるということ。現地の生活に肌で触れ、そこに馴染むことで、日本ではできない経験をすることができます。また、現地で外国人の友人をたくさん作り英語力を向上させることも可能。帰国後に、身につけた英語を仕事に活かすことができるかもしれません。

デメリットとしてはお金がかかるということ。向こうで語学学校に通ったり、一人暮らしをした場合、その学費や家賃が毎月決まった額かかります。それに加え食費や光熱費なども必要に。そうなると、いくら現地で働いているとはいえ、予想以上に支出が多くなってしまいます。
ワーキングホリデーに行っている1〜2年の間、会社が休ませてくれるということはあまりありません。退職してからいくことになるので、多めに貯金をして行った方が安心でしょう。

やり方

留学エージェンシーを使うことをオススメします。
ビザをとるまでにもたくさんの手続きが必要になります。初めての場合だと全くわからないので自分の力だけで進めるのは大変です。いつまでにどの書類を出せばいいのか、どうやってやればいいのかなど、不安な手続きについても説明をしてくれます。また今の語学レベルを測ってくれたり、自分にあった学校や国を紹介してくれたりアドバイスをしてくれるところも。帰国後の就業に関しても親身に相談に乗ってくれるとこともあるので、きっと心強いですよ。

いかがでしたか

学生の頃、留学をしたことがある人は多いかと思いますが、ワーキングホリデーをしたことがある人はなかなかいないのではないでしょうか。行きたいと思った方はぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか。

サイトウ サオリ

2018年から社会人に。 学生時代からライターとしてインターンをしており、マネーケアなどについて学んできた。 若い人からの目線で、投資やお金について見ていく...

プロフィール