すぐやることが大切。結婚後にやっておきたい「お金」のこと

結婚・出産

大好きな人と結婚するというのはとても幸せなこと。ですがその幸せがずっと続くようにするためにも、欠かせないことがあります。それは、これからの家計のこと。中でも何を優先してやればいいのでしょうか。詳しく見ていきましょう。

やることは大きく分けて2つ

結婚したのち、お金についてやることは大きく分けてふたつあります。それは「教えあう」ことと「決めること」です。これからの人生を共にする際に、お金は大きく関わってきます。はじめのうちからしっかりと決めていきましょう。

教えあうこと

「お互いの年収」
まず、普段どのくらいもらっているのかを共有しましょう。ここが今後の家計管理をする上でベースとなってきます。ふたりの年収を合わせてこれからどれくらいの生活ができるかどうか決まってくるので、見栄を張ったりすることなく正直に伝えましょう。
今後毎月いくら貯金するのか、子どもの養育費のためにいくら貯めるのか、家や車は購入できるのかなど、これを元に話を進めていきましょう。具体的な金額を知ることで、現実的に考えることができます。

決めること

「家計分担」
家賃、食費、光熱費など生活する上で色々なお金がかかります。引き落とす際にはどちらの口座から引き落とすのか、もうひとりはどうやって支払うのか、などきっちり決めておきましょう。食費などはなんとなく買ってきた方が負担する、という流れになりがちですが、どちらかが多く払い過ぎることになりやすいです。そういった小さなことから不満が溜まってくるので、そうならないように初めに話し合っておきましょう。

「貯金目標」
今後ふたりで生きていく時に必要になる貯金。老後の資金だけでなく、家や車を購入するとき、子どもが生まれた時の養育費など大きなお金が必要になる機会は多くあります。そんな時のために「いつまでにいくら貯めるのか」「毎月いくら貯めるのか」を決めましょう。二人で貯金専用の口座を作ってもいいですし、別々の場合は半年や1年など期間を決めてその度に貯金用口座の残高を見せあって確認する方法もあります。

いかがでしたか

結婚という人生の大イベントが過ぎると、現実的な生活がやってきます。これから先の生活を円満にきちんと送ることができるよう、最初にきちんと決めておきましょうね。

サイトウ サオリ

2018年から社会人に。 学生時代からライターとしてインターンをしており、マネーケアなどについて学んできた。 若い人からの目線で、投資やお金について見ていく...

プロフィール

ABOUT

マネリーは「マネー・投資に興味ある女の子のための情報メディア」をコンセプトに「働く女性に、未来への投資を提案・サポートする」というミッションのもと、貯金、投資、セミナーなどオトナ女子になるため情報メディアです。

最新記事