海外旅行でも音声通話はLINEが最多 海外でのスマホはどう使う?

貯金・家計

海外旅行先でも音声通話ができるようにするためには、使用しているスマホを海外でもそのまま使える国際ローミング、SIMフリー端末と現地SIMカードを組み合わせるなどの選択肢があります。海外旅行での音声通話の方法はLINEを利用する人の割合が高いのですが、海外でスマホをどう使うのがいいのでしょうか。

海外での音声通話はLINEが44%

「エアトリ」による1601名を対象に行った、「海外でのスマートフォン・携帯電話の使用状況」に関するアンケートによると、海外旅行時にスマホで通話やデータ通信を行う際、利用したサービスでは、「Wi-Fiルーターのレンタルが」全体の35%と最も多い結果でした。
男女別では、男性が26%、女性が48%です。男性よりも女性の方が家族や友人など複数人で海外旅行に行く機会が多いため、複数人で使用できるWi-Fiルーターの利用意向が高いことがわかりました。

また、海外で主に利用する音声通話の方法としては、LINEが全体の44%ともっとも高い割合で使用していることがわかりました。
普段から通話やメッセージをやり取する手段として利用しているLINEをそのまま海外でも使えるなら、わざわざアプリを入れたり、操作方法を覚えたりする手間もないので、使用する割合が高いのもうなずけます。
それでは、海外でLINEを利用するためにはどうしたらいいのでしょうか。

海外でLINEを利用する方法

海外でLINEの通話やトークを利用するためには、インターネットが繋がる環境である必要があります。海外でインターネットを接続するためには以下の3つの利用方法があります。
・使用している携帯電話会社の国際サービスを利用する
・Wi-Fiルーターをレンタルする
・空港やカフェなどの無料Wi-Fiを利用する

これらのうち、Wi-Fiを利用する方法がリーズナブルでオススメです。
まず、スマホの設定を機内モードにします。機内モードにしておくと通信機能がオフになるので通話料もデータ通信料金も一切かかりません。
しかし、LINEは機内モードのままでもWi-Fiに接続することができますので、Wi-Fiをオンにすれば、インターネットに接続することができます。インターネットが接続できる環境下であれば、LINEを利用することができ無料で通話することができます。
もちろんビデオ通話も利用できるので、海外にいても家族や友人と顔を見ながら話すことができます。また、メッセージや写真も送ることができます。海外からの写真を、現地から大切な人達に送れるのは嬉しいものです。

海外で通信料を安くするには

空港やホテルやカフェなどのフリーWi-Fiを利用すれば、通信料は無料です。Wi-Fi設定をオンにしておけばフリーWi-Fiを拾えますが、フリーWi-Fiがない場所でデータローミングがオンになったまま通信してしまうと、パケット料金が発生して通信料が高額になる可能生がありますので、必ず「機内モード」のままでWi-Fiをオンにしましょう。
機内モードでWi-Fiをオンにして、フリーWi-Fiが利用できる場所でLINE通話すれば通信料はかかりません。

とはいえ、フリーWi-Fiを利用できる場所以外でも通信したいことがあるかもしれません。そんな場合はモバイルルーターをレンタルするといいでしょう。レンタル料金は、例えばハワイなら1日あたり1000円程度(500MB/日)です。

SIMフリーの端末を使用しているなら、現地SIMカードを購入して通信料金をおさえる方法もあります。ただし、SIMカード挿入後に接続先設定を行う必要があるので、上級者向けともいえます。したがって、フリーWi-Fi+モバイルルーターをレンタルしておくのがオススメです。

まとめ

海外での通信は、帰国したら高額な請求がきたという話を耳にすることもあります。
「格安スマホ+格安SIM」「国際ローミング」「無料Wi-Fi」「モバイルルーターレンタル」など、それぞれの方法による使い方を注意して利用しましょう。

今関 倫子

ファイナンシャルプランナー 外資系保険会社勤務中に、AFP資格取得後、独立系FP事務所に転職。ファイナンシャルプランナーとして活動し、女性を中心に年間のべ2...

プロフィール