• HOME
  • 記事一覧
  • マネーケア
  • スキマ時間に効率よくお金の基礎が学べる!オンライン講座「人生100年時代 未来につながるマネーリテラシー」の初受講レポ

スキマ時間に効率よくお金の基礎が学べる!オンライン講座「人生100年時代 未来につながるマネーリテラシー」の初受講レポ

マネーケア

スマホやタブレットなどを使って、いつでも手軽に学べるオンライン講座「gacco(ガッコ)」が今、注目を集めています。スキマ時間を利用して、誰でも無料で大学レベルの深い知識を学べることがgaccoの魅力。そこで筆者自ら、学校では学ぶ機会のなかった「人生100年時代に必要なお金の知識」という講座を受けてみることに!
受講した感想や学んだ内容などをまとめたので、スキマ時間を活用して学びたい人はぜひチェックしてください。

オンライン講座「gacco(ガッコ)」とは?

NTT docomoグループの(株)ドコモgaccoが運営している、ネット上の講義動画を視聴する新しい学びのスタイルで注目を集めるオンラインサービスです。以下に、gaccoの特徴や魅力をまとめてみました。

会員登録&受講は誰でも無料! ※通信料は自己負担
・ネット上の講義動画を視聴して学ぶオンライン講座なので、スマホやタブレット、パソコンなど使って好きな時間に効率よく学べる
1ひとつの講義動画の長さが10分程度なので、短い時間でも区切りよく視聴できる
大学レベルの本格的な講義が満載
・各講座の最後にはテストやレポートが課され、所定の基準を満たすと修了証がもらえる。学んだ証が残るため、達成感が得られる など

特に、会員登録だけでなく、受講料も無料なのが大きなメリット。大学レベルの深い内容をタダで学べることなどが評価され、続々と会員数をのばしているそうです。

初受講レポ!受講登録から講座修了までの流れ

筆者が選んだのは、株式会社インヴァランスが提供している「人生100 年時代 未来につながるマネーリテラシー」というお金の勉強ができる講座。生涯で必要となるお金や税金についての基礎知識などを学ぶことができる内容です。ではさっそく、受講登録から修了までの流れを簡単に紹介しましょう。

受講者ごとに開始日時が違う開始日可変型講座

今回受講した「人生100年時代 未来につながるマネーリテラシー」は、開始日可変型講座というもの。受講登録を行った日時に応じて受講者それぞれに受講期限が設けられます。つまり、期限内であればいつでも動画を視聴することができるため、他の受講者と時間を合わせる必要がなく、自分の都合のよいタイミングで受講を進めることができます。

開始日可変型講座の自由度の高さは、いつ空き時間ができるか読めない生活を送る筆者にとって大きなメリットでした。

全動画を視聴後、最終テストに合格!修了証を受領

YouTubeにアップされている講義動画を全て視聴すると、最後にテストがありました。全10問の選択問題に答えます。無事全問正解し、修了証をもらうことができました。

受講開始から修了証をもらうまでに要した時間は約1時間。たまたま早起きしてできたスキマ時間を使って、効率的に学ぶことができ満足しています。

オンライン講座「人生100年時代 未来につながるマネーリテラシー」で学んだ内容

当講座のVol.1 Money Literacyは、3つの章から構成されています。それぞれの章でどんな知識を学べるのか、詳しくレポートしていきましょう。

第1章 金融教育の現状について

第1章では、日本における金融教育の現状について解説されています。
日本の学校ではお金の勉強をする機会はあまりありませんが、アメリカでは多くの人が学校で金融教育を受けているそうです。そのため日本とアメリカとでは、家計の金融資産構成比が全く異なることが紹介されています。

日本はアメリカと比べて、お金に関する知識を得る機会が少なく、資産を運用する術を知らない人が多いということがよくわかりました。

第2章 人生100年時代に必要なお金の知識

第2章は、以下の3部構成になっています。

2-1 人生100年時代に必要なお金の知識
2-2 給与から天引きされる社会保険料
2-3 給与から点挽きされる税金

老後をお金の不安なく安心して過ごすためには、基礎的なお金の知識をしっかりと身に付けることが重要!2節・3節では、普段給与から天引きされているにも関わらず、詳しく知らなかった社会保険料や税金について学ぶことができました。

第3章 人生における三大費用と老後2000万円問題

第3章も以下の3部構成で展開されています。

3-1 人生における三大費用と老後2000万円問題
3-2 お金の運用は預金だけで大丈夫?
3-3 お金とインフレ・デフレの関係

人生における3大費用「教育・住宅・老後」に、一体どのくらいのお金が必要となるのかを第1節で学びます。そして当講座の核心をつくのが第2節と第3節。

「貯金」といえば、数ある資産運用方法の中でも元本割れの心配がなく、安心というイメージがありますよね。しかし実は、インフレに弱い資産であることをわかりやすく解説しています。

続きを読む
1 / 2

上田テントウ

製薬会社営業からライターへ転職。 性格は亥年生まれのせい?か、何事においてもひたすら前に突き進む猪突猛進タイプ。 鮮度の高い情報をロジカルかつ丁寧にお伝えで...

プロフィール