デスク回りを整えて職場環境を快適に!おすすめ職場アイテム3選

ライフ

仕事の効率を上げるためには、職場環境を仕事に集中しやすいよう整えることが大切です。まずはパーソナルなワーキングスペースを見直ししてみるのはいかがでしょうか。今回は、デスク回りに揃えて快適な空間を作れる、大人女子におすすめの職場アイテムを厳選してお届けします。

小型加湿器でデスクを加湿して職場環境を快適に

画像:東洋ケース株式会社

クーラーからの冷風や暖房からの乾燥した風に当たり、オフィスワーク中は肌が疲れがち。乾燥したお肌では、仕事へのやる気もダウンしてしまいますよね。そこで救世主となるのが小型加湿器です。

存在感がありすぎる加湿器はデスクに置くと気が散ってしまいますが、卓上サイズの小さな加湿器ならデスクで邪魔にならず、仕事への集中力を妨げません。

おすすめは、「東洋ケース株式会社」から販売されている「スマートボトルミニ加湿器」。持ち運びがしやすい高さ約15cm、幅5cmのタンブラーのような加湿器で、持ち運びがしやすいのがポイント!超音波式なので熱くならず安全です。

電源はUSB接続で、パソコンやUSBバッテリーに繋いで使用します。こちらのアイテムは車の中でも使用できるので、営業職の方にもおすすめです。職場環境をより良くするためにデスク周りを加湿することは、健康管理にもつながるでしょう。

参考:東洋ケース株式会社

こだわりタンブラーで職場に極上のリラックスタイムを

画像:KINTO

仕事の合間にドリンクタイムを入れると、頭がすっきりして仕事に集中しやすくなりますね。せっかくなら、おしゃれなタンブラーでお気に入りの飲み物を持ち歩くのはいかがでしょうか。

数あるタンブラーの中でも、特におすすめしたいのは、「KINTO(キントー)」の「TO GO TUMBLER(トゥゴータンブラー)」。なめらかなフォルムと透明な蓋が特徴の大人女子に人気のアイテムです。

透明な蓋のため、そのままラテアートを楽しむことができ、ドリンクの残量も確認できます。また、蓋の隙間からドリンクを飲めるので、蓋の開け閉めが不要で保温保冷効果も抜群です。

ナチュラルなデザインは職場に自然と溶け込むので、仕事の邪魔にもなりません。中身がこぼれにくい設計で、営業車で移動する外回りが多い人にもおすすめのタンブラーです。

タンブラーにはレーザーでイニシャルを刻印することができ、自分だけのオリジナルタンブラーを作ることもできます。オンリーワンのお気に入りタンブラーがデスクにあると、気持ちが明るくなり仕事がはかどりそうですね。

参考:KINTO

デスク収納はコンパクトになるツールボックスですっきり

画像:ナカバヤシ株式会社

デスクの上がごちゃごちゃしていると仕事に集中できませんよね。すっきりとした環境で仕事に集中したい、そんな女性におすすめしたいのが、「ナカバヤシ」から販売されている「ライフスタイルツールボックス」です。

ライフスタイルツールボックスは、紙製の収納ボックスで、使用しないときはすっきりとしたボックス型にたためるのが特徴。SサイズとMサイズがあるので、文具の量によって好みのサイズをセレクトできます。

ライフスタイルツールボックスは手軽に持ち運ぶことができるので、会議や出張が多い方にもぴったりです。出張先でもこれをデスクにセットするだけで、すぐに必要な文具と共に仕事を始めることができます。

より文具の量が多い人向けに「ライフスタイルツールファイルB5サイズ」や「ライフスタイルツール収納カバンA4サイズ」といった、大きめサイズの文具ケースもあります。こまごまとしていて片付けが大変なクリップやテープといったアイテムをデスク上で整理整頓でき、使用後はたたんでデスクの上にすっきりと置くことができますよ。

ライフスタイルツールはロッカーや棚に収めやすいので、収納が少ないオフィスデスクや、オフィスがフリーアドレスといった場合にも活躍します。ライフスタイルツールですっきり片付いた、仕事に集中しやすい職場環境を作るのはいかがでしょうか。

参考:ナカバヤシ株式会社

まとめ

加湿器やタンブラーといったお気に入りの持ち物と、整理しやすい収納ボックスでデスク周りを整えると、毎日出社するのが楽しみになりそうですね。整理整頓されてお気に入りのものたちに囲まれたデスクだと、仕事の効率も上がるかもしれません。今回紹介したおすすめアイテムで、あなたも仕事に集中できる快適な職場環境を作ってみてくださいね。

kimmy

美容、コスメが好きな2児のママです。 営業職、秘書の経験あり。保有資格は高等学校教諭一種免許状(体育)、秘書検定2級、ファイナンシャルプランナー3級など。 ...

プロフィール

ABOUT

マネリーは「マネー・投資に興味ある女の子のための情報メディア」をコンセプトに「働く女性に、未来への投資を提案・サポートする」というミッションのもと、貯金、投資、セミナーなどオトナ女子になるため情報メディアです。

最新記事